法律 留保について

試用期間についての定め方

会社が従業員を正社員として雇い入れた場合、途中で解雇するか、その従業員が死亡したり行方不明にでもならない限り、会社が定めた定年年齢まで雇わなければなりません。そのため、会社としては雇い入れ後の一定期間、試しで雇用する形をとることが一般的です。これがいわゆる試用期間と呼ばれるものになります。試用期間について法律上の定義はありませんが、過去の判例によって解約権留保付労働契約と定義付けがなされ、裁判などにおいても、本採用後よりは解雇の有効性についてゆるやかに判断される傾向にあります。試用期間は契約上当然に発生するものではなく、就業規則などによって試用期間の定めが必要となります。就業規則には、試用期間があるというだけでなく、その期間についても定めが必要となります。妥当な線としては3ヶ月から6ヶ月であり、それ以上にわたるものは、裁判上、不当に長いものと判断されかねません。また、試用期間の延長も禁じられています。これらに留意して試用期間を定めなければなりません。

Copyright© 法律 留保 All Rights Reserved.

試用期間についての定め方