法律 留保について

法律の留保のことなど

法律の留保はいろいろな場面において当てはめられます。その一つが行政です。そしてそれは大きく分けてさらに二つのものに分けられますが、そのうちの一方が侵害留保説という考え方です。これはそれと対をなす説とは大きく異なっています。この説とは異なる考え方ではどのような行政行為で法の根拠が必要とされますが、この説においては必ずしも行政行為を行う場合には法の根拠が必要ではないという考えです。だからといってどのような行政行為を行う場合においても法の根拠が必要にならないというわけではなくて、この考え方においてはある特殊な状況においては、やはり法律の根拠が必要になってきます。その特殊な状況とはその行政行為をされる個人の権利や自由などが侵害される場合です。この場合の侵害とは物理的なものばかりとは限りません。間接的に侵害されるような場合も含まれる場合もあります。そのような場合においては法のしっかりとした根拠が必要とされるのが侵害留保説です。

Copyright© 法律 留保 All Rights Reserved.

法律の留保のことなど