法律の留保と行政のこと

法律の留保という考えは法の分野において昔からとても大切にされてきました。特にこの考え方が重要視されている分野の一つとしては行政の分野があります。行政を担当する人間にとってはこの考え方を理解することがとても大切になります。それにはいくつかの異なった考え方もあるのでそれらの全てを正しく判断して行政を行なうことが必要になります。その一つが権力留保説という考え方です。この考え方を大まかに言えば何らかの行政行為を行う場合には、そこには法律の根拠が必要になるということです。法の根拠がない行政行為はしてはいけないことになります。ですから行政を行なう人間は自分が行なおうとしている行政行為がはたして法の根拠に基づいているかどうかということをしっかりと確認をしてから、行政行為を行うことが必要とされています。こうした考え方の裏にはどのような行政行為であっても法律によって一定のコントロールがされなければいけないという考えがあります。

フジ住宅 裁判

兼六土地建物

核酸ドリンク

menu

更新情報

法律の留保はいろいろな場面において当てはめられます。その一つが行政です。そしてそれは大きく分けてさら

法律の留保のことなど

法律の留保と行政の関係はとても複雑です。法を専門にする学者の間でもその考え方にはさまざまなものがあり

法律の留保に関すること

法律とは、その国の国民が守ることを義務とする規則です。長い歴史の中では、様々な法が定められてきました

法律イコール正義ではない

会社が従業員を正社員として雇い入れた場合、途中で解雇するか、その従業員が死亡したり行方不明にでもなら

試用期間についての定め方

Copyright© 法律 留保 All Rights Reserved.

法律の留保と行政のこと