法律 留保について

法律の留保に関すること

法律の留保と行政の関係はとても複雑です。法を専門にする学者の間でもその考え方にはさまざまなものがあります。ではどのようなことで考え方に違いが見られるのかといえば、行政行為を行う場合にどの程度の範囲において法の根拠が必要とされるのかということです。この点において世界中の多くの法学者がさまざまな主張をしています。その中に一つが行政機関が行う全ての行政行為において法の根拠が必要だとされるものです。この考え方は全ての考え方の中でも最も市民の権利を尊重したものです。なぜならば全ての行政行為に法律の根拠が必要とされるならば、それだけ市民の権利が手厚く保護されることになるからです。ですがこの考え方は行政の複雑化や遅滞を招く原因にもなると考えられているので、別の考えを主張している学者もいます。その一つが特別な状況においては法の根拠を必要とするというものです。基本的な人権を侵害するような行為においてのみ、法の根拠を必要とする考えもあります。

Copyright© 法律 留保 All Rights Reserved.

法律の留保に関すること